腰痛の時に、疑うべき内臓の病気がいくつかあるのでご紹介します。 ・閉塞性動脈硬化症 ・胃潰瘍や十二指腸潰瘍 ・子宮や卵巣のがん これらの病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)で、腰痛になることがあります。 閉塞性動脈硬化症は、死に至る場合もある、とても恐ろしい病気です。 閉塞性動脈硬化症になってしまうと、腰痛になったり、足が痛くなったりと、坐骨神経痛のような症状がでます。 そして、症状が悪化していき、細胞が壊死し、足の指が死滅することも・・・。 また、十二指腸潰瘍の自覚症状で多いのも腰痛です。 しかし、腰痛なんかの自覚できる症状が全く無い場合もあります。 ですので、十二指腸潰瘍が悪化してしまい、胃に穴が空いて激痛が起き、そこで十二指腸潰瘍だと気付くこともあるでしょう。 子宮や卵巣のがんといった、女性ならではのがんの場合、腰痛や性器出血などの自覚症状があります。 この自覚症状が出た場合、もう初期の段階でみつけてだからと言ってません。 自覚症状が出る前に見つけないと、早期発見とは言えないのです。 これらのがんを早期発見するために、女性の方は毎年がん検診を受けることをオススメします。 腰痛の時に疑うべき内臓の病気は、もっと沢山ありますので、腰痛になった場合は、できるだけ早く病院で診てもらいましょうー